News

皆様に大切なお知らせon: 2018/01/25 (Thu)

【FUNKISTを応援してくださっている皆様へ】

突然の発表となりますが2月14日のライブをもって、ベースのNaoto.GrandCabinがFUNKISTを脱退することとなりました。突然のご報告大変申し訳ございません。

音楽的な理由や人間関係が理由などではなく、沖縄を拠点とするNaoto.にとって、よりよいバンド活動の形があるのではないかと昨年より話し合いを重ねてきた結果、本人から「今後はサポートベースという形でFUNKISTのライブ、レコーディング、に参加させて欲しい」と申し出を受けました。

その上でメンバー内でも話し合いも重ねて参りましたが最終的にはNaoto.の想いを受け止め今回の発表の運びとなりました。

いつもFUNKISTを応援してくださっている皆様には突然のご報告となってしまったこと大変申し訳ございません。

しかしこれからもFUNKISTのライブ会場で変わらずNaoto.にはベースを弾いてもらいますし、もちろんレコーディングでも最高のベースを弾いてくれる頼もしい家族であることはなんら変わりませんので、今後ともNaoto.GrandCabin、FUNKIST共々よろしくお願いいたします。

ライブの度に沖縄から駆けつける今まで以上にこんがり日焼けしたNaoto.を皆さんでいじってもらえたら幸いです。

よりエネルギッシュに、よりパワフルに、FUNKISTが前へ進んでいくために3人が選んだ決断だとご理解頂けたら幸いです。







【Naoto.GrandCabin】


応援してくれる皆様へ。

本当に突然の発表になり、
申し訳ないのですが、



Naoto.GrandCabin




FUNKISTを脱退致します。


本当に色々と考えたのですが、
このような結論に達しました。

正直、現在のバンド状態に
どこも悪いとこなんて無いんです。

ただ、

この先、音楽を共に奏で生きてく事を考えた時に、
FUNKISTのメンバーとして活動をして行くよりも、

もう少し離れた場所からFUNKISTを応援した方が
良いのではないかと、
思うようになってきたのです。

そんな俺の相談に
メンバーは
本当に沢山乗ってくれました。

だから凄く考えた。

だけどさ、

やっぱり

やっぱりさ、

一回思ってしまったものは、
いつか必ず、また思う時が来る。

そんな最高のヤツらにさ、
何回も嫌な思いさせたくない。

それに、

見に来てくれるみんなにも
そんな気持ちで演奏したくなかったんだ。

俺がFUNKIST入る時にみんなが、
スゲー支えてくれたじゃん。

本当嬉しかったんだ。

そんなみんなに、
思い悩んだ演奏を聴かせたくなかったんだ。



FUNKISTファミリーに
嘘ついたような演奏したくなかったんだ。


だから、本当ごめん。

みんなに返しきれなかったなー

みんなから貰った沢山の想い。


支えられっぱなしだったよね。


あっ、

今みんなにお礼を書いてて、
気付いたんだけど、



いつのまにかタメ語になってました。

すみません。


うーん、

こんな脱退文普通は無いなー




まぁ、

でも、

らしくていいか。



泣いて、

さよなら

なんて

ガラじゃねーし。



みんなさー、

本当

これからもFUNKISTの事をよろしく頼んます。

俺も今までと形は変わるけど、
FUNKISTを応援していきます。

というかねー

染めちゃと、宮ちゃんと
沢山話しあって、

FUNKISTのサポートベースプレイヤーとして
これからも参加させて貰う事になりました。


これからもサポートベースとして

しっかりFUNKIST支えさせて頂きます。

だから、またライブハウスで普通にみんなと会うんだよね 笑

しかし、どーでもいいが、
この脱退文。

書きたい事一杯あるから、
いつになっても終わらないな。

でもそろそろ、終わりにしよう。

終わりがスタートラインだしね。


それでは最後になりますが、

長いようで本当に短い時間でしたが、

FUNKISTで、
誇るべき素晴らしい時間を過ごし、

俺にとって、
とてもかけがえののないものを
沢山頂きました。

そして沢山の素晴らしい出会いに恵まれました。


道は少し変わるけど、

これからも前進していきます。



応援して頂いたみなさん。

関係者のみなさん。

本当にありがとうございました。



俺はベースプレイヤー、
Naoto.GrandCabinに戻ります。



これからも見掛けたら声掛けてやって下さい。



そしてFUNKISTの事
これからもよろしくお願いします。



またどこかでお会い出来るのを楽しみにしています。




本当に本当にありがとうございました。




Naoto.GrandCabin







【染谷西郷より】
またまたこんな報告になってしまって、まずはみんな本当にごめんなさい。



ナオトが沖縄からバンドの為に東京に出てきてから2年ちょっとですか。長かったような、あっという間だったような。
でも色々ある中で、それでもとても幸せな2年でした。その2年の間にナオト家には新しい命が誕生し、それはそれは僕自身自分の事のように嬉しかったのを覚えています。

まぁ彼は真っ直ぐが服を着て歩いてるような男なので、彼から何かを言うことは無いのですが、沖縄拠点のナオトにとって東京でFUNKISTを続ける事は家族との時間を奪ってしまうなぁと僕なりに思うところもずっとあったのも事実で。昨年の夏頃にもっといい環境を作れないかとメンバーに切り出し話し合いを始めました。

その中で僕の方からナオトに沖縄から通う形でバンド活動を続けてもらえたら、と提案させてもらいました。

しかし彼は真っ直ぐが服を着て歩いてるような男(2回目)なので

「それではあまりにFUNKISTに申し訳ない」

と。

僕も宮田も全然ヘッチャラだったのですが、とにかく真っ直ぐ服着てるので。

そんな中で僕らの想いにナオトも感謝してくれて。でも


だからこそこれからもよりFUNKISTを力強く前に進めていく為にもサポートメンバーという形で今後はFUNKISTを支えさせて欲しい。


とナオトから話をもらい

『えぇ!メンバーで良くねぇ?だってFUNKISTのベースは絶対お前しかいないんだぜぇ』

と宮田と二人で昨年から散々駄々をこねたのですが

服着た男の真っ直ぐさを曲げるには至らず、今回の発表となりました。

まぁバンドやってると実際ライブやレコーディング以外にも、撮影やプロモーション、その他にもやる事、考える事は沢山で、ナオトが沖縄に戻る以上若干活動がスローペースになるのは仕方ないかな。とは心の中で思ってはいたのですが、ナオトにそこを見抜かれまして

FUNKISTをスローペースにするなんて絶対ダメだからな!!

と葉っぱをかけられたわけです。

なのでその想いに応えられるよう、今年も曲いっぱい作って、ライブいっぱいして、FUNKISTいっぱいやろうと思います。


もちろんライブやレコーディングにはナオトに参加してもらいますし、なんならやっぱりあいつはFUNKISTですし。

あいつのFUNKIST愛が今回の結論に至らせたことを、みんなにもわかってもらえたら嬉しいです。

そして新しい音楽を生み出し、奏でる事で

FUNKISTの音楽を信じてくれてるみんなにこれからも少しでもお返ししていけたらと思ってます。

いつも本当にありがとう。